双子織り/機織のご紹介

幻の織物、双子織 江戸時代の末、安政六年(1859年)に横浜が開港されると日本にはじめてイギリス製の紡績綿糸と最新の化学染料が到来しました。 蕨の機織りの先覚者である「高橋新五郎翁」は、川越の中島久平、栃木県足利の和田幸 … 続きを読む 双子織り/機織のご紹介