• 2017.11.06  グランプリ発表!
  • 2017.10.17  参加校が決定しました!

宿場祭り会場内で試食&投票会を行います。
当日、投票券付きの食べ比べセットを、限定100食販売します。

開催日時:
2017年11月3日 11時〜
会  場:
蕨市立歴史民俗資料館・分館前
販  売:
投票券付き試食セットの販売 300円/1セット
 ※限定100食 ※試食用お菓子5ヶ/1セット
投  票:
投票券を購入した方のみ投票可能となります
結果発表:
最優秀作品については宿場祭り当日、
メインステージにて発表します!!
11:00〜 
投票券販売 300円/1セット ※限定100食
試食用お菓子セットの提供
投票受付開始
14:10~ 
宿場祭りメインステージにて表彰式
最優秀作品決定!

Team / 埼玉県立越谷総合技術高等学校

Sweets / 双こはくとう
ほっこりんご 双子村雨

Team / Team 杉農

Sweets / ふタコちゃんのチーズケーキ♪

Team / Team 食流

Sweets / ふタコろーる

Team / 埼玉県立新座総合技術高等学校

Sweets / りんごの実

Team / 埼玉県立新座総合技術高等学校

Sweets / 抹茶futakopera

(埼玉県立越谷総合技術高等学校)

栗原 弘幸 / 高橋 明日海 / 高橋 美帆 / 福田 優 / 松田 優香

安藤 銀河 / 石井 直子 / 大胡田 聖奈 / 斉藤 大河 / 鈴木 佑心 / 登家 花絵
江端 夕稀 / 今野 樹 / 長澤 巧真 / 福島 千聖 / 星野 さくら

作品紹介
※2品1セットで1作品として出品します。
双こはくとう

双子織のきれいなしま模様を表現できるよう、寒天が固まる頃合いを見極めて、きれいな層にすることにこだわりました。
外側はさくっと、内側はやわらかい食感になるようにしました。
また、抹茶ときな粉を使い、甘くなりすぎないように仕上げました。
セットの村雨と相性が良くなるよう、食感・味共に異なるよう、シンプルに仕上げました。

ほっこりんご 双子村雨

双子織の特徴的なしま模様を表現するため、白と緑の生地を組み合わせました。白の生地にはわらびりんごをイメージし、りんごを入れました。
全体はつやと光沢がある双子織を表現するため、翁飴をうすくまとわせました。
抹茶とりんごのほっこりとしたおいしさをお楽しみください。

閉じる

Team 杉農 (埼玉県立杉戸農業高等学校)

風見 陽乃子 / 瀧澤 小春 / 石井 遥麗 / 青山 春

作品紹介

チーズケーキを食べやすいよう、カップタイプにしました。底に敷く部分は、クリームチーズでしつこくならないよう、クッキー台ではなくスポンジにしました。
チーズ部分には、黄桃とチーズクリームの層、表面には、ブルーベリーゼリーとマンゴーゼリーを敷くことにより双子織をイメージしました。
さらにクラッシュ状のサイダーゼリーを添え、全体がさわやかな風味になるよう仕上げました。

閉じる

Team 食流 (埼玉県立杉戸農業高等学校)

吉澤 実聖 / 星野 麻貴 / 出井 里緒 / 石川 弘陸

作品紹介

スポンジ上の絞り出しさつまいもペーストで、双子織を表現しました。
大人にも子どもにも好まれるさつまいもをクリームにも使用し、蕨のイメージとしてりんごを加え食感を出しました。
クリーム仕様のロールケーキですが、持ち帰りやさ・片手でも食べやすくということを考え、セロファンによる個別包装にしました。
双子織キャラクターのふタコちゃんをイメージし、かわいらしく仕上げました。

閉じる

(埼玉県立新座総合技術高等学校)

岩佐 / 三井田 / 西ノ谷 / 金子 / 斎藤 / 柏倉 / 戸田 / 越川 / 中山 / 松尾 / 高山

作品紹介

わらびりんごを和菓子で表現し、織物ということで和の雰囲気・・・和菓子の「唐衣」をモチーフに、布の柔らかさや優しさを表現しました。そして、織物の色鮮やかさを2色の生地で表現し、組み合わせました。
ピンク生地で完熟果を、みどり生地で未熟果(早摘みりんご)を表しています。
あんこの中には、「蕨市」にちなんで「わらびもち」(ダジャレ)を刻んで入れました。

閉じる

(埼玉県立新座総合技術高等学校)

岩佐 / 三井田 / 西ノ谷 / 金子 / 斎藤 / 柏倉 / 戸田 / 越川 / 中山 / 松尾 / 高山

作品紹介

織物というと、和のイメージがありますが、そこをあえて、洋風に表現できたらおもしろいと思いケーキに仕上げました。
織物の模様と丈夫さ・緻密さをケーキの断面で表現し、様々な食感のものを挟み込みました。

閉じる